2014年の干支は午!お年賀に馬油のハンドクリームはいかがですか | エイジングケアできらめき美計画

2014年の干支は午!お年賀に馬油のハンドクリームはいかがですか

エイジングケアできらめき美計画 > 特集 > 2014年の干支は午!お年賀に馬油のハンドクリームはいかがですか
2013年12月28日

2014年の干支は午!お年賀に馬油のハンドクリームはいかがですか

2014年の干支は午です。
そのためか、最近馬油を使ったスキンケア商品を目にすることが多くなりました。

 

 
お年賀にお菓子やタオルなどを用意される方もいらっしゃると思いますが、その時に干支にちなんで馬油のハンドクリームも一緒に差し上げてはいかかでしょうか?

 

 


ロッシ モイストエイド 国産馬油保湿ハンドクリーム 45g

 

 

馬油は、昔から万能薬として家庭で使われてきました。
ちょとした擦り傷や軽い火傷、あかぎれやお肌の乾燥など、何かというと馬油を塗っておくことが多く、なくてはならない家庭の常備薬でした。

その頃の馬油は、独特の臭いがしていたそうです。

 

 

 

人間の皮脂に近い馬油

 

馬油は、人間の皮脂に非常に近い性質を持っているのが特徴です。

お肌への馴染みがよく浸透力が良いので、べた付きが無く、塗るとすぐにサラサラになります。

 

また、馬油は動物性の油脂であるのに、植物性の油脂に多く含まれている不活性脂肪酸が豊富に含まれています。

 

 

 

デイリーケアに馬油

 

馬油といえば、軽い火傷や傷の時に使う家庭の常備薬ですが、そのほかの効能も多くあります。

馬油には保湿作用がありますので、乾燥してお肌がかゆくなる時に薄く塗る症状を和らげてくれます。

 

また、打撲やねんざをしたときに馬油を塗ると、症状を緩和してくれます。

 

花粉症の方にも馬油はおすすめです。

花粉症で鼻が詰まった時は、馬油を鼻の中に塗ると鼻づまりが改善するそうです。
 

忘れてはいてないのは、馬油の持つ抗酸化作用が美肌を作り、髪を健康に保ってくれることです。
スキンケアやヘアケア商品に馬油が使われているのは、ここに注目したのですね。

 

 

 

4000年の歴史を持つ馬油

 

馬油の歴史は古く、約4000年前の中国の騎馬民族の時代には知られていたそうです。

中国では、6世紀頃からすでに薬として使われてきました。

 

日本で馬油が使われ始めたのは約400年位前で、中国大陸から来た高僧によって伝えられた、といわれています。

 

これほど古い歴史を持つ薬は無いですよね。

 

 

 

貴重な馬油「コウネ」

 

馬油に使われる油は、馬のお腹あたりの脂肪が使われています。

馬のたてがみの下の部分の脂肪層から採った油はとても貴重で、「コウネ」といいます。

 

コウネは、一般的な馬油の5%ほどしか採れないとても貴重な油です。

 

コウネには馬油には含まれていないANPという成分が含まれています。

ANPは、髪や爪の発達を促進し、お肌の状態を正常にする働きがあります。

 

 

 

お年賀には馬油のハンドクリーム、自分にはコウネのネイルケアはいかがですか?

 

 

 

馬油のハンドクリームはこちら → <【楽天市場】馬油 ハンドクリーム

 

コウネのネイルケアはこちら → <【楽天市場】コウネ ネイルケア

 

 

 

 

 

関連記事

  1. ポアレスラボの毛穴ケア4回目!お肌に透明感が出てきました
  2. ポアレスラボの毛穴ケア3回目!シミが薄くなった
  3. ポアレスラボの毛穴ケア2回目!嬉しい結果が出たよ
  4. 導入化粧水ってすごいね!
  5. 毎日の毛穴ケアの宿題をやっています~初回の毛穴ケア後
  6. ポアレスラボの毛穴ケア初回!毛穴の中に汚れが詰まっている!
  7. 本気で毛穴ケアを始めました!
  8. ワタシだけのアロマディフューザー「caoruスティック」
  9. 花粉予防と紫外線予防の両方ができるメガネ「JINS 花粉Cut」
  10. 2014年「ラロッシュポゼ」がロングUVAからお肌を守ります

トラックバックURL

https://kira-bi.com/toushu/mayucream/trackback/