花粉はお肌から取り去る!残さない! | エイジングケアできらめき美計画

花粉はお肌から取り去る!残さない!

エイジングケアできらめき美計画 > 特集 > 花粉症対策 > 花粉はお肌から取り去る!残さない!
2014年01月27日

花粉はお肌から取り去る!残さない!

外出先から帰ったら、すぐに洗顔して花粉をお肌に残さない事は、花粉症の症状を和らげるためにはとても良い事です。
しかし、やりすぎは、逆効果になりますので注意する必要があります。

 

 

 

 

洗い過ぎにご注意!

 

花粉症の時期は、お肌のバリア機能が低下し、少しの刺激にも反応するほど敏感になっています。

メイクは徹底的に落として花粉を残さない事はとても大切ですが、お洗い過ぎが刺激になってしまい、お肌のかゆみの原因になってしまう事があります。

 

花粉症の時期は、肌に負担の少ないクレンジングでメークを落とし、お肌への刺激の少ない洗顔料を使って、花粉がお肌に残らないようにぬるま湯で十分に洗い流しましょう。

 

お肌が敏感になっているこの時期は、スクラブ入りの洗顔料やピーリングなど、お肌に負担がかかるものは避けるようにした方が良いです。

 

花粉症

 

 

 

 

 

 

花粉をお肌に付けたままにさせない!

 

朝メイクをして家を出てから、家に帰ってメイクを落とすまでの時間はどのくらいありますか?

仕事をしていると、8時間以上ある場合が多いのではないでしょうか?

オフィス内での仕事であっても、通勤や人の出入りなどで花粉がカラダについてしまいます。

 

 

花粉症が酷かった時に行った方法をご紹介します。

 

小さな使い捨ての出来る化粧パフを用意します。

100円ショップでも売っています。

お昼休みに、水(できればスプレータイプのエビアン水やラロッシュポゼのターマルウォーターが良いです)で化粧パフを濡らし、お顔を軽く拭き取ります。

アイメイクまで拭き取ると大変なので、アイメイクはそのままです。

その後、スキンローションや美容液で保湿をしてから、ファンデーションを塗ります。

ファンデーションを落とすことになるので抵抗感がありますが、花粉症で鼻をかむことが多く、すでに鼻や頬のファンデーションが半分取れているので、あまり気にはしませんでした。

フェイスブラシで花粉を払う

 

営業職などで花粉の飛散量が多い時間帯に外出される方は、フェイスブラシで顔についた花粉を払うようにするのも良いそうです。

 

お肌が敏感になっているので、フェイスブラシの質にも気を配り、お肌の刺激にならないようなものを選んだ方が良いですね。

 

たとえば、熊野筆はいかがでしょうか?

熊野筆は価格が高いですが、品質の良く長持ちします。

10年以上使っていますが、まったくへたっていません。

 

 

また、フェイスブラシもこまめに洗わないと、フェイスブラシについている花粉をお顔につけることになるので、気を付けてください。

 

 
 

ラ ロッシュ ポゼ 公式オンラインショップ

 

 

 

ラ ロッシュ ポゼ(敏感肌用スキンケア)

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. ワタシだけのアロマディフューザー「caoruスティック」
  2. 花粉予防と紫外線予防の両方ができるメガネ「JINS 花粉Cut」
  3. 花粉症の時のファンデーションはパウダー派orリキッド派?
  4. 花粉症の時期のスキンケアは徹底的な保湿!

トラックバックURL

https://kira-bi.com/toushu/kafun/kafunwash/trackback/