花粉予防と紫外線予防の両方ができるメガネ「JINS 花粉Cut」 | エイジングケアできらめき美計画

花粉予防と紫外線予防の両方ができるメガネ「JINS 花粉Cut」

エイジングケアできらめき美計画 > 特集 > 花粉症対策 > 花粉予防と紫外線予防の両方ができるメガネ「JINS 花粉Cut」
2014年01月30日

花粉予防と紫外線予防の両方ができるメガネ「JINS 花粉Cut」

花粉症の時期の必需品は、マスクとメガネです。
しかし、花粉症用のメガネは使い勝手が良くなく、デザイン性が良いものが無いので、効果は低いとは思いながらも普通のサングラスを使用しています。

 

PCメガネでおなじみにのJINSから、花粉も紫外線もカットするメガネ「JINS 花粉Cut」が発売されていますね。



 

 

花粉99%カット!紫外線99%以上カット!

 

花粉も紫外線もカットしますと書いてあっても、カット率が問題ですよね。

 

「JINS 花粉Cut」は、花粉99%カット、紫外線99%以上カットということです。

花粉症の時期は花粉のカット率ばかりが気になるのですが、紫外線のカット率は将来的に健康被害に関わることなので、購入する時にとても大切なことなのです。

 

 

 

 

紫外線が眼に与える影響

 

紫外線が強すぎると、角膜や白目を覆っている結膜にダメージを与えます。

 

季節や天気に関係なく地上に降り注ぎ、室内にいてもガラス窓を通過して部屋の中まで降り注ぐUVAは、お肌の真皮までダメージを与えると言われています。

UVAは、お肌だけでなく眼の奥まで降り注ぎます。

 

通常は、眼のレンズの役割をしている水晶体が吸収してくれるのでが、長年紫外線を吸収し続けますと、眼の組織が傷ついてしまいます。

 

水晶体はタンパク質繊維とコラーゲン繊維から成り立っています。

水晶体は新陳代謝によって生まれ変わることができません。

新陳代謝を活発にすること改善が可能なお肌とはここが違います。

紫外線を吸収し続けて傷がひどくなりますと、「白内障」などの病気になってしまいます。

 

眼の紫外線対策は、お肌よりも気にしないといけないですね。

 

 

 

 

フィット感がアップした「JINS 花粉Cut」

 

フィットしないメガネでは、隙間から花粉が入ってしまい花粉症対策にはなりません。

 

今年の「JINS 花粉Cut」はフードが深くなったという事なので、しっかり花粉をカットしてくれますね。

 

注目している点は、ノーズパッドが調整可能なことです。

今使用している「JINS PC」は、ノーズパッドが調節できないので、フィット感もよくなく、鼻に跡が残ってしまうのがマイナス点です。

ノーズパッドが調節できれば、だいぶ違うと思います。

 

 

 

 

豊富なラインナップ

 

今までの花粉症対策メガネは、スケルトンのゴーグルといった感じのものがほとんどでした。

そのためか、花粉症対策メガネを使っている方は多いはずなのに、電車の中では見かけた事がほとんどありません。

 

「JINS 花粉Cut」は、デザインもカラーも豊富なので、そのまま電車やバスに乗り込んでも平気ですね。

 

 

 

 

コンタクトレンズ使用者におすすめ

 

「JINS 花粉Cut」の本来の目的とは違うかもしれませんが、コンタクトレンズ、特にハードコンタクトレンズを使っている方におすすめです。

 

ハードコンタクトレンズを使用していると、風の強い日の外出は、眼にごみやほこりが入りやすくて大変なのです。

風に強い日の外出にはサングラスは必需品なのですが、花粉がサングラスでは防げないのと同じで、ごみやほこりは普通のサングラスでは防ぎきれないのです。

 

「JINS 花粉Cut」は花粉を防ぐくらいの密着性のあるメガネなので、ごみやほこりから眼を守ってくれるはずです。

 

 

 

 

これからのメガネは、プラス紫外線対策が主流になってきそうです。

 

 

 

公式サイト → <JIN’s オンラインショップ

 

 

 



 

 

 

 

関連記事

  1. ワタシだけのアロマディフューザー「caoruスティック」
  2. 花粉症の時のファンデーションはパウダー派orリキッド派?
  3. 花粉はお肌から取り去る!残さない!
  4. 花粉症の時期のスキンケアは徹底的な保湿!

トラックバックURL

https://kira-bi.com/toushu/kafun/jins/trackback/