お手軽!自分で作れる簡単クエン酸ピーリングを試してみました | エイジングケアできらめき美計画

お手軽!自分で作れる簡単クエン酸ピーリングを試してみました

エイジングケアできらめき美計画 > おためしレビュー > 【レビュー】スキンケア > お手軽!自分で作れる簡単クエン酸ピーリングを試してみました
2013年11月14日

お手軽!自分で作れる簡単クエン酸ピーリングを試してみました

お肌が生まれ変わるサイクル、ターンオーバーは28日が理想だと言われています。

 
28日よりも短くても長くても良くないです。

 

 
ところが年齢を重ねると、28日が理想のターンオーバーがだんだん長くなり45日にもなるそうです。

 
ターンオーバーが長くなると、それだけ角質がお肌に留まっていることになるので、お肌のくすみやすくなったりシミになりやすくなります。

 
「28日を過ぎても剥がれていかない角質は、強制的に取り除こう!」

 

というのがピーリングです。

 

 
ピーリングはエイジングケアが必要な年齢になったら、毎日のお手入れに取り入れた方が良いです。

 

ピーリングをするには、エステに行ったりピーリング用化粧品が必要です。

 

 

皮膚科医でエイジングケアなどの著書を書いていらっしゃる吉木伸子先生の本に、自分で作れる簡単なピーリング剤が載っていたので試してみました。

 

 

用意するのは、クエン酸 10g精製水 100ml容器の3つです。
クエン酸と精製水は薬局で購入できます。

peeling2

 

 

 

【作り方】

容器にクエン酸10gを入れます。

 

クエン酸ピーリング

 

 

そこに精製水100mlを入れ、クエン酸が溶けるように十分に混ぜ合わせます。

 

クエン酸ピーリング

 

 

使い方は簡単です。

 

洗顔をした後に、クエン酸ピーリング液を手の平にとって顔になじませていきます。

 

待つこと30秒

慣れてきたら、時間を1分に伸ばします。

 

その後は、洗い流していつものお手入れをします。

 

 

ピーリング後は顔色がワントーン明るくなる、はずだったのですが・・・

 

 

痛い!痛いのです。

 

 

以前に専用のピーリング用化粧品を使った事があったのですが、刺激を抑えたピーリング剤だったので、敏感肌でも痛さをほとんどかんじなかったのです。

 

 

ピーリングは痛いという事を聞いていたのですが、こういう事だったのですね。

 

目の周りを避けてピーリング液を顔になじませたのですが、とろみ感が無いので目に少し入ってしまいます。

 

 

我慢できないほどの痛さではないので、30秒間待ちました。

 

 

 

これで透明感のあるお肌になっていたらよかったのですが、このクエン酸ピーリングはピーリングとしては弱いので、1回では効果が実感できないそうです。

 

 

 

寒くなると新陳代謝が落ちるので、お肌がくすみやすくなります。

もう少し、このクエン酸ピーリングを続けてみます。

 

 

 

 

関連記事

  1. ドクターケイのクレンジング『ケイカクテルV』で毛穴のお悩み解決へ
  2. 毛穴の奥の汚れを引き出す!美容ソルト洗顔料『プルミエグラン』
  3. ナールスフォームは石鹸にこだわったパパイン酵素洗顔料
  4. 手にもエイジングケア対策を!ハンド美容ジェル『ナールスロゼ』
  5. 忙しい朝にいいね!時短でしっかりカバーマナラBBリキッドバー
  6. 毛穴もすっきり!朝用クレンジングのマナラモイストウォッシュゲル
  7. 毛穴スッキリうるおい肌にマナラホットクレンジングゲル
  8. ザ・セラムは「たるみ毛穴」も「黒ずみ毛穴」もケアする美容オイル
  9. プルルン肌が続く1本で2役のDHCリバイタライジング ブースターセラム
  10. 3月14日ラロッシュポゼのBBクリームがパワーアップして登場


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です