え!ショウガはカラダを温めない? | エイジングケアできらめき美計画

え!ショウガはカラダを温めない?

エイジングケアできらめき美計画 > 注目記事 > え!ショウガはカラダを温めない?
2013年12月27日

え!ショウガはカラダを温めない?

2013年12月26日の「予約殺到!スゴ腕の専門外来SP」という番組をご覧になりましたか?

 
その中でいままでよかれと思っていたことが、効果がないどころか逆効果になっていた事がありました。

 

冷え対策の専門家 北里大学東洋医学総合研究所の伊藤剛先生によりますと、ショウガを食べれはカラダが温まる、というのは間違っているそうです。

 

jinger

 

 

生のショウガにはジンゲロールという成分が含まれています。

 

ジンゲロールは、血流の中を通り、手先や足先の末端の血管まで広げる作用があります。

すると、血流が良くなり、冷たかった手先や足先もポカポカしてきます。

 

 

ここまで聞くと、やっぱりショウガはカラダを温めてくれるじゃないの、と思いますよね。

ところが、カラダの深いところにある熱も手先や足先の末端まで送り届けてしまうので、カラダの深いところでは体温がやや下がってしまうそうです。

 

そういえば、いままで見てきたショウガの効果は、カラダの表面温度を測るサーモブラフィーの結果で判断していました。

カラダの中の温度の結果は見た事がありません。

 

 

手足は温かくなったけれど、カラダの中が冷えてしまった、という事になるのです。

温かさが作られたのではなく、移動しただけということですね。

 

これでは困りますよね。

 

 

 

 

 

ショウガを加熱したり乾燥すると、生のショウガの成分ジンゲロールがショウガオールというものに変わります。

 

ショウガオールは胃腸の壁を刺激して血流を高め、カラダの深いところの熱を作り体温を上げます。

特に乾燥したショウガはショウガオールを多く含み、冷え性対策の漢方薬にも使われています。

 

加熱したショウガや乾燥したショウガには、ジンゲロールとショウガオールの両方の成分があり、カラダの深いところから手足の末端まで温めてくれます。

 

 

 

では、生のショウガは良くないのではと思われてしまいますが、風邪予防や殺菌に大きな力を発揮します。

生のショウガの成分ジンゲロールには、殺菌作用と免疫細胞を活性化させる作用があると言われています。

風邪の引き初めに生姜湯を飲むと良いといわれるのは、ジンゲロールの持つ殺菌作用と熱を外に出す発汗作用を利用しているのです。

 

 

また、ジンゲロールには抗酸化作用もあるといわれているので、エイジングケア世代には嬉しい食材です。

 

 

 

ショウガは、生と加熱や乾燥させるのでは、まったく違った結果をカラダに与えてしまいます。

ショウガをやたらと食べるのではなく、生と加熱・乾燥を上手の使い分ける事が大切ですね。

 

 

乾燥したショウガを自分で作ることができますが、ハーブティーにもなっていますので、利用してはいかがですか。

 

 

 

 

 

ご購入はこちらから → <ハーブ専門店「enherb(エンハーブ)」

 

 

楽天で購入する → <楽天市場

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 写真家篠山紀信氏のスペシャルフォトエキシビジョンに行ってきました
  2. ヒルナンデスで紹介!美肌女医が伝授する冬のお肌うるおい方法
  3. 冬のカサカサ肌は姿勢の悪さが原因!
  4. ヨーグルトメーカーが作ったホエイエキスを使った化粧品
  5. ビタミンE配合でパワーアップした「オバジC」にリニューアル
  6. マックスファクターから輝きお肌にする成分配合の美容液が発売予定
  7. 「健康カプセル!元気の時間で紹介」美肌作りにホットタオルパック
  8. からだの不調のサインはお肌に表れる
  9. ロングセラーには訳がある~世代を超えた人気ニベアクリーム
  10. 日テレあのニュースで得する人損する人で知った損するスキンケア

トラックバックURL

https://kira-bi.com/chumoku/jinger/trackback/