「健康カプセル!元気の時間で紹介」美肌作りにホットタオルパック | エイジングケアできらめき美計画

「健康カプセル!元気の時間で紹介」美肌作りにホットタオルパック

エイジングケアできらめき美計画 > 注目記事 > 「健康カプセル!元気の時間で紹介」美肌作りにホットタオルパック
2014年01月05日

「健康カプセル!元気の時間で紹介」美肌作りにホットタオルパック

カラダを42度に温めるだけでシミ・シワのない美肌になれる」という記事を以前に書きましたが、1月5日のTBSテレビ「健康カプセル!元気の時間」の「カラダ年齢」特集で、42度の温めが紹介されていました。

 

 

細胞のお医者さん「ヒート・ショック・プロテイン」

 

ストレスや紫外線などで、人の細胞は毎日傷ついています。

その傷ついた細胞を修復する力があるといわれているのが、ヒート・ショック・プロテイン(HSP)です。

 

ヒート・ショック・プロテイン(HSP)はカラダが急激に温まることで増え、42度に温まった時が一番良いそうです。

 

 

 

 

1日2回のホットタオルパックで美肌つくり

 

顔を42度に温めればいいのなら、42度のお湯で洗顔すればいいよね、と思いがちなのですが、42度のお湯で洗顔してもヒート・ショック・プロテインは増えないそうです。

 

42度の洗顔で温まるのは、お肌の表面だけで、内部の温度は上がっていないそうです。

カラダを42度に温めて免疫力を上げるには、42度のシャワーを浴びるだけでは効果がなく、お風呂に入ることで効果が出てくるのと同じですね。

 

さすがに顔を42度のお湯に漬ける事は出来ないので、お肌の内部までしっかり温めるには、42度のお湯で作ったホットタオルを顔にのせるホットタオルパックが良いそうです。

朝晩1日2回のホットタオルパックを続けると、ヒート・ショック・プロテイン(HSP)が増えで細胞を修復し、お肌の血行もよくなり、美肌につながるということです。

 

 

 

 

 

お肌が美肌になれば、見た目年齢も若返りますよね。

 

 

このコーナーでは「見た目年齢」についてでしたが、自分では直接自分の顔を見る事ができないので、他人からどのように見えられているか気になりますよね。

 

「老けているかもチェック」というものがあったので、ご紹介します。
1.寝起きの顔に枕の跡がつく

2.神経質でイライラしやすい

3.しかめっ面で眠っているといわれる

4.ジャンクフードが好き

5.笑う時にシワが目立つ

 

1つくらいは当てはまる、経験したことがある、という方が多いのではないでしょうか?

 

 

「見た目年齢」が若いという事は、「カラダ年齢」も若いという事です。

実年齢は自分では操作できませんが、「見た目年齢」は自分次第で若くも高くも出来ますので、毎日無理なくできる事を続けていきたいですね。

 

 

 

関連記事

  1. 写真家篠山紀信氏のスペシャルフォトエキシビジョンに行ってきました
  2. ヒルナンデスで紹介!美肌女医が伝授する冬のお肌うるおい方法
  3. 冬のカサカサ肌は姿勢の悪さが原因!
  4. ヨーグルトメーカーが作ったホエイエキスを使った化粧品
  5. ビタミンE配合でパワーアップした「オバジC」にリニューアル
  6. マックスファクターから輝きお肌にする成分配合の美容液が発売予定
  7. え!ショウガはカラダを温めない?
  8. からだの不調のサインはお肌に表れる
  9. ロングセラーには訳がある~世代を超えた人気ニベアクリーム
  10. 日テレあのニュースで得する人損する人で知った損するスキンケア

トラックバックURL

https://kira-bi.com/chumoku/42hotto/trackback/