ご注意!ビタミンCを壊すきゅうりとトマトの食べ合わせ | エイジングケアできらめき美計画

ご注意!ビタミンCを壊すきゅうりとトマトの食べ合わせ

エイジングケアできらめき美計画 > エイジングケア > フード・ドリンク > ご注意!ビタミンCを壊すきゅうりとトマトの食べ合わせ
2014年05月29日

ご注意!ビタミンCを壊すきゅうりとトマトの食べ合わせ

 

野菜サラダというと、レタスときゅうり、トマトといった組み合わせを思い描きます。
淡いレタスの緑ときゅうりの深緑、そしてトマトの赤の組み合わせは、見た目にもきれいで食欲がわきます。

 
ところが、きゅうりとトマトの食べ合わせには落とし穴があったのです。

 

 
トマトにはビタミンCや抗酸化作用のあるリコピンなどが豊富に含まれているので、特に日焼けをしやすい時期には積極的に取りたい野菜です。

 

その大切なトマトのビタミンCを、きゅうりが破壊してしまうというのです。

 

食べ合わせ

 

 

 

きゅうりにはアスコルビナーゼという酵素が含まれているのですが、このアスコルビナーゼがトマトに含まれているビタミンCを酸化させる作用があるというのです。

 

せっかくトマトを食べてビタミンCを補給しているつもりが、きゅうりと一緒に食べる事でビタミンCが取れなくなってしまうという事なのです。

 

 

 

 

きゅうりとトマトの食べ合わせにはプラスお酢をとろう

 

 

きゅうりとトマトの食べ合わせは一般的ですよね。

 

それではきゅうりとトマトにサラダはやめた方がいいの、というと、きゅうりのアスコルビナーゼがトマトのビタミンCを酸化させない方法があるというのですから嬉しいです。

 
それは、お酢を一緒に取るというとても簡単な方法です。

 

 
サラダにお酢をかけて食べるというと、味が心配になりますよね。

でも、そこは心配ご無用です。

マヨネーズにも多くのドレッシングにも、お酢が使われているのです。

 

マヨネーズを作る基本の材料は、オイル、お酢、卵です。

フレンチドレッシングの基本の材料は、オイルとお酢です。

 

わざわざお酢を取ることを意識しなくても、マヨネーズやドレッシングを使うだけで、きゅうりとトマトを一緒に食べてもトマトの美ビタミンCを破壊させることがなくなるのです。

 

 

 

 

サンドイッチにはマヨネーズを使う

 

きゅうりとトマトを挟んだサンドイッチを作る時は、パンに何を塗っていますか?

バターやマーガリンを塗ることが多くありませんか?

 

トマトのビタミンCをきゅうりのアスコルビナーゼが壊さないように、バターやマーガリンではなくマヨネーズを使うと良いですよね。

 

 

マヨネーズが嫌いという場合は・・・

 

あ!きゅうりの代わりにきゅうりのピクルスはどうかしら!!

ピクルスは酢漬けなので、いいかもしれませんよね。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 美肌つくりに毎日スプーン1杯の亜麻仁油
  2. セロリを食べてイライラ解消・美肌つくり!でも紫外線にはご注意を
  3. 低カロリーで高たんぱく質の「馬肉」を美味しく食べて美肌つくり
  4. お肌をみずみずしく保つマトン(羊肉)を見直そう!
  5. むくみの改善し美肌つくりをサポートする「ひよこ豆」
  6. 管理栄養士が監修した置き換えダイエット!ベレッツァ酵素ドリンク
  7. 烏骨鶏の参鶏湯を美味しく食べて美肌力アップ!
  8. ビールのおつまみではもったいない!身近な薬膳素材で美肌力アップ
  9. 寒い日は香り高い”チャイ”でカラダの中からぬくもりを
  10. 春の訪れが待ち遠しい食材「菜の花」は美肌作りをサポートする

トラックバックURL

https://kira-bi.com/agecare/food/tabeawase/trackback/